行政書士

フォーサイトで行政書士を一発合格!最短で合格てきた受講者の口コミ

行政書士とは会社が役所関係に提出するための書類を代理人として作成するのが主な仕事です。

役者に認めてもらうための書類の多くは専門知識が必要なため、専門知識を持った行政書士が依頼を受けて作成します。

以前は行政書士が7,000種類と言われていましたが現在は10,000種類以上あると言われており、行政書士の仕事の幅・可能性は広がり続けています。

例えば悪徳商法に対抗するためにクーリングオフの手続きを取るための書類作成の代行、遺言書の代理作成など様々な分野で活躍できるだけではなく、グローバル社会、インターネット社会の広がりにより新たに行政書士が参入できる分野も増え続けています。

行政書士は稼げる?

行政書士はサラリーマンが会社をやめて独立するには最も適した資格と言えます。

開業のための研修期間などなく、パソコン・電話・FAXがあれば自宅を事務所とすることで短期間で初期投資もほとんど必要とせずに開業することができます。

そのかわり就職・転職にはそれほど有利になるということはありません。
法律的あ知識が要求するされる部署の場合に少しだけ優遇されるかなというぐらいです。

行政書士として稼ぐためには開業して仕事を自分で取りに行く”営業力”が必要になります。

行政書士の平均年収は600万円程ですが2,000~4,000万円を稼いでいる行政書士がいます。資格を取得し、営業力も身に着けていけば大きな可能性がある職業といえるでしょう。

国家資格は甘くない!行政書士の難易度は?

よく比較される「書士業 」の司法書士と比べると、圧倒的に行政書士の方が簡単に資格を取得できます。

最近の司法書士試験は最難関の国家資格である司法試験にも匹敵すると言われています。

両方の合格を目指していくのであればまずは行政書士の資格取得を目指しましょう。
行政書士を取得することで一定水準の法律知識が身につくことになります。

いきなり司法書士の勉強を始めるよりも圧倒的に効率的に知識をみにつけることができます。

行政書士の科目内容、試験形式

科目は以下の2つになります。

・「行政書士の業務に関し必要な法令等」(出題数46題)
憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題。


・「行政書士の業務に関連する一般知識等」(出題数14題)
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

試験の形式は5つの選択肢から回答を選択する「5肢択一式」と20の選択肢から長文の空欄にあてはまる語句を1つ選ぶ「多肢選択式」、問に対して40文字程度で回答する記述式で出題されます。

行政書士の合格基準

以下の全てを満たすことが試験の合格基準となります。

①行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50パーセント以上である者
②行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40パーセント以上である者
③試験全体の得点が、満点の60パーセント以上である者
※試験問題の難易度を評価し、補正的措置を加えることがあるとされています

フォーサーイとで行政書士に合格した人の口コミ

20代 男性

飲食店の開業を検討しているなか、世の中は法律で成り立っている部分もあると感じ、その法律を知っていても損はないと思い、行政書士試験を受験しました。

何か1つ資格を取ってみたいと思ったときに、偶然目に入ったのが行政書士でした。何か教材がないと合格はむずかしいですが、まずは1つの教材を信じて、やると決めたからにはやり通すことが大事だと思います。
https://www.foresight.jp/gyosei/successful/053/

30代 男性
本格的に勉強するのは20年ぶりでしたので、独学で学習をするのは無理だと思いました。また通学については通う時間がかかるので、その時間がもったいないと思いました。そこで通信教育を選びました。

自分の学歴が中学卒業なので、他の人に比べて知識が少ないと考えていました。そのため、学習を始めるとき、本当にこれでいいのかと悩み、試行錯誤しながら勉強を続けるのに一番苦労をしました。
https://www.foresight.jp/gyosei/successful/056/

30代 女性

以前、一度学習を始めてみたことがあり、最初は通信教育で始めましたが1ヶ月で止めてしまい、次に独学でも学習をしてみたのですが憲法で挫折しました。

その経験を踏まえて、学習を続けるには動画講義があり学習フォローのある形でないと難しいと思い通信教育にしました。

2月の頭くらいに申込みをしたので9ヵ月くらいです。学習時間は、一日1時間~1時間30分くらい。またモチベーションが上がっているときには、1時間30分を、2~3セット行う感じでした。
https://www.foresight.jp/gyosei/successful/055/

40代 男性

受験は今回で3回目でした。3年連続で受けたのですが、1年目と2年目は独学で、参考書などを自分で購入して勉強しました。1回目は試しに受けてみただけだったのですが、2回目には自分なりにあれこれ工夫して勉強したけれどダメでして、やはり独学では厳しいと感じました。

それで、ネットで教材について調べたところ、フォーサイトは価格もリーズナブルでしたし、仕事をしながらなのであまり時間が取れないので、的を絞ったコンパクトな教材ということで、これで勉強しようと思いました。

https://www.foresight.jp/gyosei/successful/049/

20代 女性

当初は、本格的に資格の勉強をするなら、通学の講座が良いだろうなと思っていました。ですが、主婦としての立場で家事をおろそかにすることは出来ませんし、仕事もしていたのでちょっと難しいかなと。

ホームページを見て、合格率の高さや受講料の安さに惹かれました。また、講師が実務家であることも私の中ではポイントのひとつでしたね。

https://www.foresight.jp/gyosei/successful/039/

20代 男性

通信教育なら受講料が安いですし、自分で時間を調整して取り組めるのが良いなと思いました。

気になる講座をいくつか比較検討してみた結果、フォーサイトはサンプルからして「クオリティが高いな」と感じました。

福澤先生の講義はとても分かりやすく、サクサク進んでいくのでとても聴きやすかったです。法律を初めて勉強する自分でも、無理なくインプット出来ましたね。

https://www.foresight.jp/gyosei/successful/035/

40代 男性

受験勉強に挫折して、通学制大学への進学を諦めたことを、私は20代、ずっとコンプレックスとして引きずっていました。

私は行政書士に合格するまで3年を要しました。正直、当時はまだ将来の方向性が自分でも定まらず、3年連続、公務員試験(警察官採用)と行政書士試験を並行して勉強してしまったためです。


https://youtu.be/Po_Ro2SLLvs


■講師紹介

私の目指す講義は、まず第1に分かりやすいことです。
法律系の資格の場合、どうしても学習する内容が分かりにくいという印象を与えるようです。

初学者の場合、この印象が邪魔をして学習が継続できないという方も多いようです。

そこで、私は、まずは何をおいても分かりやすく説明することを心がけています。
https://www.foresight.jp/gyosei/teacher/

・プロフィール
行政書士 通信講座担当 福澤繁樹 専任講師
1969年5月15日 生まれ
千葉県出身
血液型 AB型

・経歴
明治大学法学部卒。行政書士、宅地建物取引主任者、マンション管理士。行政書士みなと合同事務所にて開業・日々業務を行っている。

・座右の銘
見る前に跳べ

・趣味
料理を作り、美味しいお酒と一緒に食べること

・尊敬する人
両親

・著作
ダイヤモンド社
『行政書士に3ヶ月で合格できる本』

短期合格に必要な戦略と心構えを分かりやすく紹介します。
また、実体験をもとにした行政書士の開業ノウハウや
業務の実際なども紹介しています。

“最安で”資格取得を目指したい方には
オンライン資格講座【スタディング】がおすすめ!

studying

  • 過去に一度資格の勉強をして改めて資格取得に取り組む
  • すでにある程度の知識がある方の受験対策
  • スキマ時間を使って自分のペースで勉強を進めたい
  • とにかく安く済ませたい

そんな方には「STUDYing(スタディング)※旧通勤講座」

スタディングは忙しい方でも資格取得できるオンライン資格講座で、スマホ・PC・タブレットで学べるため忙しい社会人の方に向いています。

オンラインでの学習うに絞り、無駄を省くことにより、他の通信講座と比較しても圧倒的な”低価格”を実現しています。

主要コースの価格例

宅建士 一括 19,980円

分割例 月々1,800円×12回から
中小企業診断士 一括 48,900円(税抜)~

分割例 月々¥2,559×24回から
行政書士 一括 ¥45,900 (税抜)

分割例 月々¥2,402 × 24回から

> 他の講座の料金をチェックする

過去に資格取得の勉強に取り組んでいた方は、問題集だけの申込みなどに絞ることで更に価格をおさえて合格を目指すことができます。

スタディング公式ページ